BABYJOB新着情報

保育園での「新しい生活様式」への対応に向けて、保育園向け紙おむつ定額制サービス「手ぶら登園サービス」と、保育園向けICTシステム業界No.1の「コドモン」のシステム連携が7月1日よりスタートします

2020.06.24 / 新着情報

保育園での「新しい生活様式」への対応に向けて、BABYJOB株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役会長:上野公嗣、以下当社)は、ユニ・チャーム株式会社と実施している保育所向け紙おむつの定額制サービス「手ぶら登園サービス」(https://tebura-touen.com/)において、株式会社コドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)が提供する、こども施設向けICTシステム「CoDMON」(以下:コドモン)とシステム連携を7月1日から開始しました。

<連携の背景>
新型コロナウイルスをきっかけに日常の生活や働き方が大きく変わろうとしています。
保育園においても、「新しい生活様式」を取り入れながら、新型コロナウイルスの感染予防対策を行い、少しずつ日常生活を取り戻していくことが求められています。

保育園での「新しい生活様式」とは、具体的には、
・紙おむつの持ち込みをなくすことで保護者の買い物の頻度を減らすこと
・口座引き落としやクレジットカード支払いにより現金のやりとりを無くすこと
・オンライン保育の活用により登園自粛の場合も生活のリズムを整えやすくすること
などがあげられます。

この度、ユニ・チャーム株式会社と実施している、保育園向け紙おむつの定額制サービスである手ぶら登園サービスと、保育園向けICTシステム業界No1であるコドモンは、保育園での「新しい生活様式」への対応に向けて、システム連携をスタートしました。

<具体的な連携内容>
今回のシステム連携により、2020年7月1日より保護者はコドモンアプリから「手ぶら登園サービス」を簡単に登録できるようになります。

(連携イメージ図)

※システム連携は無料です。追加費用はかかりません
※「コドモン」と「手ぶら登園」を共にご利用の保育園さまが対象です
※連携をご希望のお客様は、手ぶら登園公式Webサイトより、お問い合わせをお願いします。
https://tebura-touen.com/

<今後の展開>
保育園の「新しい生活様式」の対応をスムーズに行うために、さらなるシステム連携を進めていきます。

<手ぶら登園への申込方法>
手ぶら登園サービスの公式Webサイト(https://tebura-touen.com/
までお問い合わせをお願いします。
手ぶら登園サービスは、日本全国でご利用いただくことができます(一部離島を除く)。

 【BABYJOB株式会社 会社概要】
◆所在地 :大阪府大阪市淀川区西中島6丁目7番8号
◆手ぶら登園サービス :https://tebura-touen.com
◆代表者:代表取締役 会長 上野公嗣
◆事業内容:保育所サポート事業、子育て支援事業

【紙おむつ定額制サービス「手ぶら登園」概要】

紙おむつの定額制サービス:手ぶら登園サービス(https://tebura-touen.com/)をユニ・チャーム株式会社と共に2019年7月より本格的に開始しています。

手ぶら登園サービスは、紙おむつが園に直接届くので、保護者は園に名前を書いて紙おむつを持参する必要がなく、保育所は園児の紙おむつを個別管理する必要がなくなるため、保護者・保育所の双方に役立つサービスになっています。

また、保護者は買い物に出かける頻度を減らすことができ、紙おむつの持ち込みが無くなるため、園内の感染症対策として自治体の運営する公立保育園でも利用されているサービスです。

株式会社コドモン 会社概要】
◆所在地:東京都港区三田3丁目13-16 三田43MTビル 3F
◆資本金:68,250,000円
◆代表者:代表取締役 小池義則
◆事業内容:保育業務支援システムの開発・提供。2020年3月時点で、全国約5,000施設、保育士約8万人が利用。全国26の自治体で導入。(ご参考:2019年度 特定地域型保育事業を含む全国保育所数は36,345園)

◆サービスHP:https://www.codmon.com/